最近は少なくなったのですが、以前はよく車中泊をして撮影旅行を楽しんでいました。

ワンボックスやミニバンのことが多かったのですが、一番よく車中泊に使っていたのはフレンディ。ディーゼルだから燃費はいいし、取り回しもしやすいし、アイポイントが高くて高速道路のドライブも楽々。

あと、トヨタのグランビアも長距離移動はゆったりできましたし、室内広々でいい車でした。

普段から車に積んでおくといいグッズはたくさんあるのですが、今回はそういった車中泊の経験から、車に積んで持っていくといいものをご紹介します。

クーラーボックス

夏場はコンビニで氷と飲み物を買って入れておけば、丸一日くらいは冷たいまま飲めます。

コンビニの氷は200円くらいですが、溶けても「飲料水」として美味しくいただけますし、最初はジュースが美味しくてもだんだん水とかお茶が欲しくなったりします。

オススメは釣具店などで売っている真空断熱のものが性能抜群!

ですが、1万円程度のものでも、そこそこ使えます。

個人的には、2列目シートの脚置き場になるように、釣具店で買ったダイワの細長いタイプのものを使っています。両方から開くことができるので便利。

クーラーボックスは長く使えるので、いいものを買うと後悔しないと思います。

お湯を沸かす道具

逆に冬場は温かい飲み物が欲しくなる季節。

これについては、以前記事を書いているのでそちらでどうぞ。

関連記事 クルマの中でお湯を沸かす

個人的に使っていて、かつオススメなのは、アルポット

ただし、電気を使うカーケトルも安全性は高いので、選択肢になると思います。

雨傘

突然の雨ふり。車中泊の旅行中にはよくありました。

雨の中、買い物やトイレに行くときなどに傘は必要ですよね。

折りたたみ傘でも、ふつうの傘でもOK!

注意点としては、人数分は用意するということかな。

インバーター

車の中で、電気が使えると何かと便利。

スマホや携帯の充電や、ノートパソコンを使ったり、デジカメの電池を充電したり。

性能については、それこそピンキリですが、充電程度なら安い物でもOK!

複数の機器を使う予定なら、こういうものを用意しておくと便利です。

銀行カード

お金が必要なときに、コンビニ等でスグおろせるのはとても助かります。

オススメはネット銀行のものですけど、今はたいていの銀行がコンビニ対応しているので、お好みで。

クレジットカード

銀行カードでなくても、クレジットカードがあったら、イザというときに大助かり。

個人的には、車の故障でレンタカーを借りて帰ったことがあります。

また、ガソリンスタントで、小銭を気にせず燃料を入れることができますね。

JAFカード

キーの閉じ込めやバッテリー上がり、タイヤのパンク、ガス欠や故障など、今まで何度もJAFさんにお世話になりました。

24時間年中無休でかけつけてくれるのは頼もしい限り。

あと、意外と会員優待施設がたくさんあって、ホテルのレストランなどでも使ったことがあります。

デジタルカメラ

スマホのカメラでもいいのかもしれませんが、専用のデジタルカメラは高機能で便利。

10倍ズームクラスのスタイリッシュモデルが、1万円程度でも購入できるので1台持っておくと使いでがあると思います。

バス用品

バスタオルとかシャンプーとかボディソープとか。コインシャワーとかでは必須。

まったくシャワーもあびないし、スーパー銭湯にも行かないってかたならいらないかもしれませんけど。

小さなトラベルセットを、ひとつにまとめて袋にいれておくと便利です。

サンシェードとかカーテンとか

道の駅とかサービスエリアで仮眠をとるときでも、周りからの視線を遮るカーテンとサンシェードは必須。

特に、サービスエリアの外灯はかなり明るいので、それを遮る用途でもカーテンはあったほうがいいです。

特に、サービスエリアの外灯はかなり明るいので、それを遮る用途でもカーテンはあったほうがいいです。

ライトやランタン

暗い車中で地図を見たり本を読んだり機械のスイッチを探すときに便利。

ランタンがひとつあれば大体のことは事足りるけど、シート下に落ちた物を探すときには懐中電灯のほうが使い勝手がいいと思います。

今は、LEDライトが主流で、オススメはエクスプローラー EX-V777D

ベストセラーだったジェントス「EX-777XP」の後継機です。

なぜかこの機種「EX-777XP」が大人気で、Amazonの「ベストセラー1位」の座を何年も守り続けていました。また、個人的には管理している別々のサイト経由で、1日に2台売れたこともあるほどの人気でした!

購入時の注意点としては、乾電池が何本必要かということ。2本とか4本とかが充電しやすくてオススメです。

関連記事 車中泊で使えるLEDランタン

寝具

シートの凹凸を緩和するためにマットがあったほうがいいですね。ふつうに敷き布団という手もあるけれど、ちょっと重いので。

エアーマットは、グラグラするので個人的にはオススメしませんが、収納するとコンパクトになるという利点もあります。

布団の上に敷く、敷きパッドがあるだけでも寝心地はかなり違いますし、汗をかくので洗える寝具は便利です。

個人的には、三つ折りできる低反発マットレスを使っています。夏場は、敷きパッドを使用。

以上で「12選」はおしまい。

ですが、他にもあると便利な小物があるので、ついでにご紹介しておきます。

ビニール袋またはレジ袋

ゴミをまとめたり、着替えた服を入れたりするのに便利。

コインランドリーを使うつもりなら、大きめのゴミ袋とかがあるといいですね。

水を入れたペットボトル

あればいいかな、という程度ですが、意外と使い道はありました。タオルを濡らして使ったり、汚れを車外で洗い落としたり。

各地にある「名水」をくんで帰るのにも使えます。

ウエットティッシュ

ふつうのティッシュも積んでおくといいのですが、ウエットティッシュがあると、手を拭いたり、物についた汚れを拭き取ったりするのに役に立ちます。

おしぼりや雑巾を用意するかたもいると思いますが、使い捨てができることと長時間おいておけるので、クルマに常備しておくことをオススメします。





ブログランキング
にほんブログ村 車ブログ カー用品・装備へ
にほんブログ村