秋~春にかけてドライブに行くときに持っていくと便利な物に「ステンレスボトル」があります。

ただ、コンビニに行けばすぐに挽きたてのコーヒーが飲めますし、ジュースも買うことができます。自動販売機で買うという手もありますね。

でも、あえてオススメしたいのが「自分で飲み物を持っていく」という方法です。

便利なステンレスボトル

なぜかというと、「休憩しよう」と思い立ったときに、すぐ近くにコンビニがあるとは限らないからです。

それに、コンビニに置いていないような好みの飲み物がある場合には、自分で用意して持っていかないと飲めません。

個人的にはストレートの紅茶が好きなので、出かける前にお湯を沸かして紅茶をいれ、水筒にそれを入れて出かけるときに持っていきます。

あっ、さすがに夏は別ですよ(笑)。夏の暑いときには、冷蔵庫で冷たく冷やしたペットボトル飲料を持って出発!です。

少しそれてしまいましたけど、ステンレスボトルの話にもどります。
※以下の画像はネットショップのものを使っています。

象印 ステンレスボトル(1.0L) タフボーイ SJ-TE10-XA(ステンレス)

人気があるのが、上の写真のようなステンレスボトル。上のものは1リットルのものですけど、これくらいの容量だと2人~3人で休憩するときに余裕です。

それに、魔法瓶は容量が大きいほど冷めにくいので、朝出て夕方に帰るなら1人でもこれくらいの大きさの物がオススメ。

ZOJIRUSHI 真空ステンレスボトル 500ml SV-GG50-XA ステンレス

でも、もう少し小型の物がよければ、上の写真のように500mmと選ぶというのもアリですね。

ZOJIRUSHI ステンレスマグ 【360ml】 ストロベリーピンク SM-JB36-PU

ちょっとしたお出かけなら、360mlくらいでもいいかもしれません。コップ約2~3杯分の量なので、1回の休憩にはちょうどいいと思います。

ステンレスボトルを選ぶときの注意点

Amazonや楽天で検索してみると、ホントさまざまな魔法瓶が売られていて、どれを選んだらいいか迷ってしまいます。

ここで、選ぶときの注意点なのですが、ステンレスボトルは「夏用」と「冬用」とが明確に分かれています。「夏用」とか「冬用」というのは、冷たい飲み物を入れるか、温かい飲み物を入れるかということ。

冷たい物を入れるステンレスボトルは、「コップ」が付いていなくて直接飲めるようになっています。でも、そんな飲み口で熱いコーヒーを飲んだら、火傷をしてしまいそう。

ということで、「コップ」が付いているかなど、「夏用」なのか「冬用」なのかは要チェック!!

また、毎日のように使うなら、「洗いやすさ」はとても重要です。お茶とかを入れていると、中に汚れが付いてしまいますから、どうしても手洗いが必要になってきます。注ぎ口が大きく開くタイプの物がオススメ。

また、洗うための専用ブラシはさまざまなものが売られているので、一つ買っておくと便利です。

【まとめ買いセット】 水筒・ボトル用スポンジ 取替用スペア 2個付セット

ステンレスボトルに入れてはいけないもの

ステンレスボトルに入れて保温しておくのに、お湯だとほとんどボトルが汚れません。また、お茶とか紅茶なんかも茶渋は付くものの問題はありません。

何がいれてはいけないものかというと、代表的なものは牛乳です。

牛乳はにおいがけっこうありますし、栄養があるので傷みやすい飲み物です。傷むとどうなるかというと、臭うだけでなく飲むと食中毒の原因にもなりますね。

また、汚れが付くとすぐに洗い流さないと、なかなかとれなくなります。

あと、牛乳が腐敗するとガスが発生するので、ふたを開けたとたん腐った液体が飛び出してしまうかも。

炭酸飲料も中で炭酸ガスの圧力が強くなる可能性があるので、たとえ「冷たいもの用」のステンレスボトルでも、入れるのはオススメできません。

他には、スープやみそ汁なんかも牛乳と同じ理由で入れないほうがいいと思いますが、あまり入れる人はいないかもしれませんね。

オススメのメーカー

ステンレスボトルの保温性能については、メーカーによる差はかなりあるのでしょうか?

以前、個人的に買うときに、保温性能について時間をかけて調べてみたことがあります。

結論から言えば、あとで述べる3つのメーカーに限れば、保温性能の差はほとんどありませんでした。

じゃあ、どれを選んでも同じなの?と言われればそうではありません。

メーカーによる差はほとんど無かったのですが、「容量」による差はかなりありました。具体的に言うと、350mlのものよりも500mlのもののほうが冷めにくいですし、1リットルのものはさらに冷めにくいという結果でした。

そうなると、保温性能だけを考えるなら1リットルとか2リットルの物を選べばいいんでしょうが、中にそんなに多くの飲み物を入れるのかという問題もあって必ずしも「大は小を兼ねる」というわけにはいきません。

ということで、容量に関しては「必要に応じて」というのがよろしいかと思います。

さて、上で書いた3つのメーカーについて。

ひとつは「THERMOS」です。サーモスは「ステンレスマグ」という呼び方をしています。

THERMOS 真空断熱タンブラー 400ml ステンレス JDA-400 S

魔法瓶だけでなく、上の写真のような「真空断熱タンブラー」でも有名ですね。
※昨年、個人的にも買いましたけど、便利ですよー。

もうひとつのメーカーは、「タイガー」です。魔法瓶でも、炊飯器でも有名なメーカーですよね。

あとひとつは、「象印」です。こちらも、魔法瓶だけでなく炊飯器や電気ケトルなんかでも有名です。

上の3つのメーカーなら、どれも保温性能は優れているという印象を持っています。個人的には「サーモス」の製品を買うことが多いのですが、そのあたりはお好みでいいかと思います。

豆知識

ついでながら、サーモスって以前は外国のメーカーかと思っていたのですが、現在は国内メーカーのようです。日本酸素っていう会社がもともとの名前かな。

サーモス自体はもともとはドイツのメーカーだったようですが、2001年にサーモス株式会社が発足。

  日本酸素株式会社サーモス事業本部と、株式会社日酸サーモが
  統合されて、サーモス株式会社が発足しました。

  ※サーモスの歴史

ということのようです。ちょうど、セブンイレブンがもともとはアメリカの会社だったのが、現在は日本の会社になったみいたなものかなーと思ったりもしました。

まとめ

・好みの飲み物をスグ飲みたいならステンレスボトルはかなり便利

・買うときには「冬用」なのか「夏用」なのかをチェック

・洗いやすさは重要なので必ずチェックすること

・個人的にオススメのメーカーは「サーモス」「タイガー」「象印」

・ついでながら自分で飲み物を持っていくと家計にも優しい

関連記事

クルマの中でお湯を沸かす


スポンサードリンク


ブログランキング
にほんブログ村 車ブログ カー用品・装備へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。