車の買取価格が高い時期をチェック!

・愛車はいつ売却しても価格は変わらない
・買取を依頼する時期は考慮しなくても良い

上記のようにイメージしている方は多いものの、時期やシーズンによって車の買取価格の安い高いが決まります。

査定額が2倍になったり2分の1になったりすることはなくても、買取価格を少しでもアップさせたいのであれば考慮しなければなりません。

そこで、以下では車の買取価格が高い時期の目安を幾つか挙げてみました。

1月~3月、9月~10月がおすすめ!

車の買取を考えている方は1月~3月、9月~10月の時期がおすすめです。

なぜこれらのシーズンに買取価格が高くなるのか理由を見ていきましょう。

・1年間を通して最も新車がたくさん売れる時期
・新車の売れ行きに合わせて中古車の需要も高くなる
・4月~5月に入るとグンと下がる可能性が高い

進学や就職など新生活が始まる時期には車を買う人が多く、9月~10月のボーナスのタイミングで購入する人も少なくありません。

新車の販売が伸びるのに合わせて中古車も需要が高くなるため、このタイミングで愛車を査定に出して買取してもらうのが良いのです。

かと言って中古車の在庫が一気に増えると直ぐに店頭に並べる状態にならず、買取価格が下がりやすい傾向があります。

つまり、需要時期の1ヵ月前に売却するのがベストで、2月~3月に照準を合わせてみてはいかがでしょうか。

実績や信頼のあるカーネクストあれば高額買取をしてくれますし、同時に時期にも配慮していれば廃車や事故車でも予想以上に高額の費用がつきますので、まずはプロへの査定を依頼してみてください。



走行距離や車検のタイミングを考慮する

愛車の走行距離や車検のタイミングを考慮すると、普通に売却するよりも買取価格はアップします。

どのような時期が良いのか目安を挙げてみました。

走行距離:5万kmと10万kmの2つが軸となり、この数字を超えると売却の価格が下がりやすい
車検:車検を通してから買取の査定を受けるとトータルで見て損をしやすい

走行距離に関しては短ければ短いほど買取価格は上がりやすいですし、車検もできる限り通す前に査定を依頼した方が良いのです。

「車検を受けてから査定になればプラスになるのでは?」とイメージしている方は少なくありません。

しかし、車検に通すとなると下記のように様々な費用を自費で負担する形となります。

・自動車重量税
・自賠責保険料
・印紙代
・検査費用
・申請代行料
・修理費用

軽自動車であれば70,000円、普通自動車であれば10万円以上の費用を支払わなければならず、お金と手間の両方を考えると確実に損をするのです。

そのため、車の売却や乗り換えを考えている方は車検のタイミングの前に買取の依頼をしてみてください。

モデルチェンジ前のタイミングで買取依頼をする

モデルチェンジ前かどうかは、愛車の買取価格を決める重要な指標となります。

新型車(フルモデルチェンジ)が販売されると中古車の価格が下がりやすく、その理由を見ていきましょう。

①自分が今乗っている車がモデルチェンジした
②乗り換えの需要が一気に高まる時期となる
③市場には中古車が溢れ返る
④自分の愛車の価値が下がりやすい

このような特徴があり、モデルチェンジが発表される前に買取店へと依頼するのがポイントです。

また、ライバル社がモデルチェンジを行った場合も両車の買取相場が低くなる特徴があり、メーカーの動向には気を配っておいた方が良いでしょう。

完全に把握することはできないため、「買取価格が下がりやすい時期がある」という知識だけ持っておいてください。


スポンサードリンク


ブログランキング
にほんブログ村 車ブログ カー用品・装備へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。