パーキングチケットについて

都会や観光地には、道路に白い枠線が引かれていて、パーキング・メーターが設置してあるところがありますね。

枠線内に車を停めたら、お金を入れて、出てくるチケットを車に貼っておくと駐車違反にならないというものです。

個人的にも何回か使ったことがありますが、300円で1時間以内だったように思います。

ただ、一般の駐車場と違って、長くても1時間以内に車を移動させないと違反切符を切られてしまう可能性があります。

だから、長時間の駐車には使いにくいし、料金も安くはないなあと思っていました。

あるジャーナリストの納得いかない体験

このパーキング・チケットをめぐって、あるジャーナリストが驚くべき体験をしたことをfacebookに投稿していました。

概要をかいつまんで書くと、駐車違反切符を貼られたことに対し不服申し立てをしたという話です。

私は路上のコインパーキング白線内に車を止めて300円支払ってましたが、打ち合わせから抜けられず車には60分以内に戻れませんでした。そして15分超過(合計75分駐車)したところを駐車違反としてステッカーを貼られたのです……が、そこまでは自分のミスなので駐車違反に関しては納得行っておりますし、反則金も支払うつもりです。ただ、私が止めていたコインパーキング駐車スペースの目の前にベンツが止まっており、そちらのベンツは20数分もの間、その白線内へ止めていながら300円を支払ってませんでした。さらに、私の運転していた車が駐車違反のステッカーを貼られて、その場から駐車監視員の方々が立ち去る姿を目撃したところ、ベンツには駐車違反としてのステッカーが貼られてなかったのです。

出典:https://www.facebook.com/yoshidamian/posts/838176919578511

これは、確かに納得がいかない体験ですよね。

パーキング・メーターにお金を入れていたのに、やむを得ず15分ほど時間超過したら違反切符。

でも、明らかにお金を払う気のないベンツは、20分以上たってもお咎めなし。

もしかして、高級車だったから、違反ステッカーを貼られないのかと思ってしまいそうです。


ちょっと余談ですけど、医学部の友人が教官から、ある質問をされた話を思い出しました。

「金持ちの患者と、貧乏な患者と、どっちを先に診るか」という質問です。

医学部出身のかた、医者とか看護師とかなら、すぐに答えが分かりますよね。

そうでない方は、少し考えてから、下の文をお読みください。

たぶん、答えに納得いただけると思いますし、そうでないと困りますから。

正解は、

症状が重い患者から診る、です。

ご納得いただけたのではないでしょうか。


さて、パーキング・チケットの話に戻ります。

いろいろあったようですが、ある日、警視庁サイドからケータイへ直電があったそうです。

途中から電話口で担当者と口論状態にまで発展。
30分ほど話が長引いたぐらいのところで担当者は切り札を出してきたのである。
それは「現行の道路交通法では処分の対象にならないこともある」と。こちらとしてはナニソレモード。「何わけわからんこと言ってるんですか?あなたは?」と噛み付くと詳しいことを説明に入る担当者。
「吉田さん。大変申し訳ないんだけど、あなたは300円支払って60分、そして15分超過で合計75分駐車していました。そして吉田さんの目の前のパーキングスペースで300円支払わないで20数分止めていたベンツの存在もわかります。が、結論から先に話をしちゃうとそのベンツは道交法的にセーフなんですよ」

出典:https://www.facebook.com/yoshidamian/posts/838176919578511

ええっ、と思うでしょ。

吉田さんは、駐車してもよい時間をオーバーしているから、違反になる。これは吉田さん自身も納得しているようです。

納得いかないのは、お金を払わずに、しかも自分よりも長く駐車していたベンツが違反ステッカーを貼られなかったこと。

もしかしたら、ベンツだから貼らなかったのかと思われたようです。

でも、「担当者」の方に言わせると、そのベンツは「道交法的にセーフ」って、ホントにそうなんですか。

駐車違反にならないワケは

facebookの投稿から、続きを読んでみましょう。

「うーん(凄く担当者は言い出しにくそうな感じ)……我々側からは声を大にしてアナウンスしてないのですが、つまりですね、パーキングスペースに車を止めたら通常ですと速やかに300円を入れますよね。それが普通なんですが、お札しかなくって百円玉がないドライバーもいたりするわけですよ」
「え?そんなのドライバーだったら当然駐車するってことを前提で百円玉は常備しとくもんでしょが!」
「うーん、うーん、簡単に説明してしまうと、街中に設置してあるパーキングスペースは59分までは300円支払わないで駐車ができるってことなんですよ」
「は!?どーいうことですか?それ!」
「パーキングエリアへ車を止めたら60分以内に300円を投入すれば良い法律なんですね。つまりですね、先ほどからおっしゃられているベンツの駐車問題なのですが、パーキングスペースへ止めて22分経過してましたが、59分までに戻ってきて300円を投入して頂ければ駐車違反にはならないんですよ」
「えええええええええええええええ!?!?!?!?!車停めたらスグに300円支払っていたドライバーはバカバカしいじゃないですか!!!!だってメーター表示が59分までに車へ戻ってきてそのまま300円支払わないで車を移動させちゃえば問題なく堂々とパーキングスペースへ止められるってことじゃないですか!!!」
「ええ、まぁそういうことですね。ということでそのベンツは駐車違反ではないってことなんですよ。だから取り締まられていないわけなんです。もしかしたら59分までにドライバーの方が戻ってこられる可能性があるので、駐車監視員たちもそれをわかったうえでそのベンツを取り締まっていないと思います」

出典:https://www.facebook.com/yoshidamian/posts/838176919578511

少々引用が長くなりましたが、まとめると次のような結論になるようです。

・パーキングエリアへ車を止めたら60分以内に300円を投入すればよい。
・(百円玉がないなどの理由で)すぐにお金を投入しなくても、59分までに投入すれば駐車違反にはならない。

なんだか釈然としない結論ですけど、どうやらそういうことのようです。

セカンドオピニオンは

にわかには信じがたい話なので、他の意見を確認してみたいと思います。

調べてみると、「2008年2月に1日の取り締まり40件という日本記録を達成」という、元駐車監視員の方のブログに、ちょうどドンピシャの記事が掲載されていました。

〔駐禁裏技〕パーキング・メーターは59分まで無料で使っても駐車違反でつかまりません!
最近、ネット上で急激に話題になっているネタがあります。
それは、
「60分までのパーキン・メーターは59分までお金を入れないで使える」
という内容。

うそか本当か?

結論から申し上げますと「本当」です。
パーキング・メーターは最初にお金を入れなければなりません。
でも、これはタテマエ。

実務上、駐車監視員はたとえお金を払っていなくても60分を超えないと
取り締まりをすることができないのです。

出典:http://matsukikazuya.blog42.fc2.com/blog-category-57.html

ということで、どうやら60分になるまでは、お金を投入していなくても取締りの対象にならないようです。

ただ、ホントにそうなのか疑問も感じますので、信じる信じないはあくまで自己責任でお願いします。


スポンサードリンク


ブログランキング
にほんブログ村 車ブログ カー用品・装備へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。