2017年、追記しました!

新しいグッズがありましたので、ページの下部に追記しています。

なんだか便利な世の中になりましたね。


たまに、車中泊の小旅行をすることがあるのですが、お湯があるととても便利です。コーヒーや紅茶などの飲み物をいれるのにも便利だし、沸騰したお湯ならカップ麺をつくることもできますよね。

それで、魔法瓶に沸騰させたお湯をたっぷり入れて、ドライブに出かけたりしていました。冬場は特にそうですね。紅茶・コーヒー・日本茶などは、休憩時にすぐにいれることができます。さすがにカップラーメンとかは……ちょっと難しいかな(笑)。

今使っている魔法瓶は、けっこう徹底的にリサーチして購入したものですから、使い勝手や性能には満足しています。ただ、どうしても数時間でお湯が冷めてしまいます。

たとえば、紅茶がいれられるのは、朝出発したらお昼頃まで。インスタントコーヒーでも、午後3時頃まででしょうか。

それで、車内でお湯が沸かせられないかと、いろいろ調べてみました。
※以下の画像はネットショップのものを使っています。

1 シガーソケットから電源をとってお湯が沸かせる器具

カー用品店などで売っていますが、たとえば下のような物です。

Meltec [ メルテック ] カーケトル 1L CK-673

Meltec [ メルテック ] カーケトル 1L CK-673

お手軽にお湯を沸かすという点では、適していると思います。お値段は2000円~4000円くらい。

ただし、お湯が沸くのに20~30分くらいかかるようです。それと使い始めの頃は、プラスチックのにおいが気になるかもしれません。(使い続けると気にならなくなるようです)

2 カセットコンロ

ちょっと荒技ですけど、カセットコンロとやかんを用意して、クルマを停めたときにわかすという方法もあります。

家にカセットコンロがあれば、あとは特に何も買う必要はないというメリットがありますね。(さすがにやかんを持ってないという方は、あまりいないと思います)

ただ、やかんも一緒だとかさばるし、何といっても旅行気分が台無しになる気がして個人的にはカセットコンロは家で使ってます。

3 アルコールバーナーとか

車中泊で写真を撮られているプロの方は多いようですが、そんな方が便利だと紹介されていたのがアウトドア用のアルコールバーナーです。

エバニュー(EVERNEW) アルコールバーナーセット ゴトク付 EBY250

アルコールを使うので、さほど火力は強くないのですが、そのぶんホワイトガソリンを使うタイプよりも安全だと思います。

アウトドアが趣味の方はひとつくらい持っていると思うので、一度使わせてもらうといいかもしれません。

ただ、火が剥き出しなので、車内で使うにはちょっと抵抗があるようにも思います。外に出て使うのならいいのかもしれません。

お湯は十分くらいで沸きました。

4 アルポット

★大木製作所 ALPOT(アルポット) [cosme]

それで、いろいろ調べてみたり、実際に保温庫なんかを手に入れてみたり(お湯は沸騰されませんけど)してみて、一番便利だと感じて使っているのがこのアルポットです。

基本的にはアルコールバーナーなのですが、筒型のお湯を入れる部分が一体になっていて、パッと見にはお湯を沸かしているようにはみえません。火も、小窓から見てようやくついているのが分かるという程度。それでいて、お湯は8分くらいで沸きます。

私が買った当時のお値段は、約1万円と高かったのですが、コレに決めました。

買ったのはカー用品店ではなく、実は釣具店で残っていた1台をゲットしました。いまはJAFの通販などでも売っているようです。

何年も使っていますが、とても便利ですよ!

あと、買ったときに「アルコール」(燃料用)も買わなくちゃと探し回って手に入れ(さすがに釣具店には置いてありませんでした)、車中泊の小旅行に出発。

そして、いざ使おうと箱をあけてみると・・・・親切なことに「アルコール」のボトルが入っていました(笑)。


ここから追記です

上の記事のように、電気やアルコールの炎でお湯をわかすというのが数年前の常識だったように思います。

でも、以下のような商品が販売されていることがわかりましたので、ご紹介します。

5 モーリアンヒートパック

モーリアンヒートパック Lサイズ発熱剤×3個+加熱袋(L)1枚入り【防災グッズ】非常食にも!
モーリアンヒートパック Lサイズ発熱剤×3個+加熱袋(L)1枚入り【防災グッズ】非常食にも!

加熱袋の中に発熱剤をセットして水を入れると、高温の蒸気が袋の中に充満して温められるというものです。

加熱にかかる時間は、15分から20分程度。

従来のように生石灰を用いた発熱剤と違い、温度コントロールに優れているのが特長のようです。

お値段も、上のセットで1000円以下と、比較的リーズナブル。※2017-01現在

6 湯わかしボックス

トライカンパニー 湯わかしボックス(基本セット)
トライカンパニー 湯わかしボックス(基本セット)

こちらも、発熱剤と水を使うタイプです。

アルミ粉末の反応熱を利用し、火を使わずに水を注ぐだけで簡単にお湯がわかせますとのこと。

お値段は2000円弱といったところ。※2017-01現在

車中泊などでも活躍しそうですけど、非常災害のときなどにも役立ちそうですね。


スポンサードリンク


ブログランキング
にほんブログ村 車ブログ カー用品・装備へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。